頭皮 老化

頭皮だって老化する〜顔と頭皮は繋がった1枚の同じ皮膚〜

皮膚、肌と言うと、多くの人は顔や体のそれを思い浮かべるかもしれません。
事実、皮膚や肌をケアするための製品は、顔専用のものであったり、体専用のものであることが多いです。

 

しかし人間の皮膚は1枚で繋がっています

 

ですから頭皮も皮膚や肌ですから、当然、老化をします。
頭皮の老化と言うのは、顔の肌や体の皮膚に起こるそれと同じような内容です。

 

酷い乾燥であったり、ターンオーバーの周期が乱れる、汚れが蓄積されたりすることなどがその一例としては挙げられます。

 

頭皮が老化するとどのような状態が引き起こされやすくなるかと言うと、ひとつは血行不良が挙げられます。
触れてみて、他の部分よりもひんやりとしているように感じるとか、他の皮膚よりも硬いと言う場合は、血行不良が発生している可能性が高いです。

 

それから痒みです。
しっかりとシャンプーをして衛生状態は保たれているはずなのに、やたらと痒いと言う場合はコンディションが良くないことが考えられます。

 

このような状態を放置しておくと、抜け毛や脱毛と言った頭髪トラブルが発生する可能性が高くなってしまいます。

 

髪の毛のもとである毛母細胞は、血液から栄養を受けることで細胞分裂を繰り返し、髪の毛へと成長を遂げていくためです。
そして頭皮がある程度、柔らかく潤いのある状態でなければ、髪の毛が生え、出てくることも難しくなってしまうためです。

 

抜け毛や脱毛は、初期の段階で対処を取れば改善することは可能です。

 

しかしその状態が進行してしまうと、発毛や育毛のサイクルそのものが大きく乱れてしまうこともあります。
更に毛母細胞の分裂回数には限度があるため、それを超えてしまっている場合には、どれだけ状態を整えても改善されないと言うこともあります。

 

ですから頭皮に対しても老化予防、改善のためのケア(パントガール 効果 なし?)を行うことが必要です。

 

最近ではそれ専用のケア製品と言うのも販売されていますから、それを利用するのがひとつの方法です。
自分で行うと言う場合、刺激の少ない方法をとることが求められます。

 

シャンプーやコンディショナーなども、年齢を重ねてきたら、やさしい使い心地の、刺激の少ないものを選ぶようにするのが望ましいです。
シャンプーをする際には、まずはブラッシングをするようにすると血行不良の改善を期待することができます。

 

 

ただし強い力で行うのは避け、気持ちいいと感じる程度の強さで行うことが求められます。
また夏場は紫外線から、冬場は寒風や冷気から守るために、帽子を着用すると言うのも老化防止の方法のひとつです。

 

ただ夏場などはそれによって蒸れると言うことも考えられるので、その後はしっかりとシャンプーを行うことが必要です。